老人性うつ病とヘルペスの関係そしてstd

老人性うつ病は認知症と混同されやすい病気です。認知症は治らないことから、混同してしまうと老人性うつ病であった場合、治療ができるチャンスを逃すことにもなります。老人性うつ病は身体を不健康にさせる病でもあります。そうなるとヘルペスウイルスを所持している場合、ヘルペスを発症してしまうこともあります。認知症であると混同せず、まずは専門家に相談して老人性うつ病の否定だけでも診察を受けることをおすすめします。

ヘルペスはstd性病の一種であると良く知られていますが、実は口唇にできるものと性器にできるものは別のウイルスであることが多いです。性器にできるヘルペスはstdの可能性がありますが、口唇にできるタイプは日常生活の中で感染してしまうこともあります。また特徴としてstdは治療薬を用いることで治療することができますが、ヘルペスは完治させることが不可能です。ウイルスを所持してしまった後は、そのウイルスが活動しないように抑えることを考えることが重要です。ウイルスが活動するのは、特に免疫が落ちた時です。たとえば老人性うつ病になり、活気がなくなると不健康になります。そんなときにウイルスが活動すると、痛みが生じ、食事もとれなくなり悪循環に陥るケースも考えられます。だからこそしっかりと診察を受けることが大切です。

免疫力が落ちてヘルペスウイルスが活動を始めたときに、その活動を事前に抑える治療薬もあります。それを使うことでヘルペスの重症化を抑えることができます。特に免疫力が落ちたときに、症状を発症しやすいという方は、その治療薬を常備しておくと、酷くなる前に症状を抑えることが可能になるでしょう。工夫をしてうまく付き合ってください。