コンドーム着用と性器ヘルペス治療の金額について

最近、性器ヘルペスの感染者が増えてきています。
とりわけ、若い女性に目立ってきたのが大きな特徴です。
症状としては、患部に水泡ができて、それがつぶれて、ただれたような状態になり、強い痛みになります。
高熱を伴うこともあります。
女性が初めて感染した場合は、排尿が困難なほどの激しい痛みに襲われることもあります。
なお、口唇ヘルペスとは、ウイルスそのものは、同じ単純ヘルペスウイルスですが、タイプが違います。
口唇や顔などの上半身に症状としてあらわれるのは、1型のウイルスです。
性器に出てくるのは、2型のウイルスなのです。
感染の経緯は、病変部に接触することによって発症します。
よくあるケースですが、本人に全く症状が出ていなくても、実は性器の皮膚や粘膜にウイルスが出てきて、それがパートナーに感染することもあるのです。
また、口唇ヘルペスの症状が出ているとき、その状態でオーラルセックスをすると、パートナーの性器に感染することがあります。
もし口唇ヘルペスが出ているのならば、オーラルセックスを避けるべきです。
通常の性行為をするときも、コンドームをしっかりと装填して、感染を防ぐ意識を持つことが大事です。
コンドームをしているからといって、感染をパーフェクトに防げるわけではありませんが、確実性は高まります。
最近は、使用感の良いコンドームも安価な金額で提供されていますので、積極的に活用するのが望ましいです。
なお、治療にかかる金額は、診察料が3,000~5,000円、検査料が2,000円~10,000円、薬代が3,000円~というのが相場です。
もし健康保険が適用されるのであれば、それらの三分の一の金額で済みますので、決して高価な治療費ではありません。
快適な生活を送るためにも、性器ヘルペスに感染した場合は速やかに医療機関で治療をうけるのが賢明です。