彼氏・彼女がヘルペスだった時の対処法

口唇ヘルペスや性器ヘルペスは、ウィルスが原因で感染する病気で、口の周りや性器やお尻の周辺に水疱が出来たり、水疱が破れて痛みを感じることが多いです。
彼氏や彼女が病気に感染していると、キスや性行為などが原因でうつってしまうことがあります。
ヘルペスが疑われる時は、早めに医療機関を受診して、抗生物質などの内服薬や外用薬を処方してもらうことが大事です。
症状が出ている時は、キスや性行為などを控えるようにして、充分な睡眠や休息を取る必要があります。
基本的にはお風呂などでは感染はしないですが、コップやタオルを共用したり、タオルなどを使用すると感染する場合があります。
症状が出ていない時も、皮膚や粘膜からウィルスに感染する可能性があるため、性行為を行う時はコンドームなどを装着することが大事です。
ヘルペスは、一定期間の潜伏期間を過ぎると症状が出てきますが、決められた分量の内服薬を服用することで、少しずつ症状が改善されてきます。
医師が処方してくれた日数分は、きちんと飲みきる必要があります。
ヘルペスは、一旦治癒してもウィルスが潜伏をしているため、体力や体の免疫力が低下すると、再発がしやすい病気です。
普段の生活ではヘルペスウィルスは熱に弱い性質があるため、あまり神経質になる必要はありませんが、洋式トイレの便座を除菌するようにしたり、タオルやコップなどは別々にしておく必要があります。
ヘルペスに感染してしまったら、二人で医療機関を受診するようにして、正しい治療を受けたり、病気の知識を身に付ける必要があります。
再発をしてしまったら、早めに医療機関を受診して薬を処方してもらうことが大事です。
病気の症状が出ている時は、接触を控えるようにしましょう。
■性病は自宅で治療!
ヘルペスは悪化する前に早めの治療を
バルトレックス
ジスロマック
フロリードDクリームで辛い症状を抑える